初めてワキガと知ったのは中学生

 

35歳 女性 北海道 Mさんの体験談

 

最初は意味が解らなかったんです。なんでだろう?まっいっかで過ごしていましたがフト洗濯物を見たときに私以外の家族の服の脇に黄色い染みが無かったんです。正直、びっくりしました。そして、臭いもなかったんです。

 

その頃の私は中学生でセーラー服を着ていたので、学校から帰ってくると着替えてハンガーに掛けて置くとその時にツンと独特な臭いがするのが私には普通だったんです。汗の臭いだと思っていたので別に気にもしてなかった、そして、脇には黄色い染みがべったりと付いていたんです。

 

焦って母親に『黄色い染みが家族のには無いんだけど』と言うと『あんたは、ワキガだから黄色い染みがあるのよ、本当に困っちゃうわね』ハハハと笑いながら言われたのでした。ワキガ!?始めて聞いた単語に意味が解らなく当時は携帯もパソコンもないので調べる事もできず一人で悶々としていました。

 

ワキガってなんなの?母親に聞けば直ぐに済むのに聞けず凄く悩みましたが意を決意して母親に聞くと『脇が凄く臭いことよ、あんたみたいに』とのこと。『えっ?!私って臭いの??』と疑問をぶつけると『臭いわよ!だって匂うもん』と母親は答え『今まで気付かないなんて凄いね』と言われました。

 

凄くショックを受けてるとはぁ~と溜め息を吐かれ『風呂でちゃんと洗ってないからでしょ』と、私はそうか、お風呂で私の洗いかたが悪いからそうなるのかとお風呂で念入りに洗うようにしましたがそれでも臭いも染みもとれることはなかったんです。

 

ワキガ用のデオドラントが欲しいと言っても買ってもらえず私は臭い対策に脇をずっと閉めて生活してました。たまに授業で手を上げないといけない場面になると脇を閉めながら手を少し上げるようにして中学校時代は過ごしていました。